採用情報林 信太郎

役職 理学療法士
勤務先 介護老人保健施設 おおふじ五幸ホーム
入職年月 2014年4月

通所リハビリや通所介護、入所サービスを提供する
介護老人保健施設 おおふじ五幸ホーム」で理学療法士として「やりがい」を感じなら働いています。

通所リハビリや通所介護、入所サービスを提供する
介護老人保健施設 おおふじ五幸ホーム」で理学療法士として「やりがい」を感じなら働いています。

なぜこの業界を選びましたか
人のためになる仕事がしたいと考えていた高校時代に友人に勧められて知った理学療法士を志しました。
最初はこんな簡単な理由でした。ケガをしてお世話になったからなどのエピソードもありません。
しかし大学3年生の時の実習が私の意識を大きく変えてくれました。きっかけは担当していて患者様から感謝の言葉を頂いたことです。立つ、座る、歩くといった基本的な動作に直接アプローチをかけていくこの仕事は強く達成感を得ることができました。
藤友五幸会に就職した理由
大学3年生の時の臨床実習でお世話になった経験を通じて、介護老人保健施設で働きたいと思いました。
高齢者のリハビリは生活の一部でもあり、クリニックや総合病院とは違い、利用者の方々と密に接する機会があります。
長く接する機会が多い分同じ感謝の思いでも心に深く残り、やりがいがあると感じたのです。
就職活動中に藤友五幸会の事を知り、個別ケアを掲げているここならばお客様に対してやりがいある仕事ができると思い就職しました。
学生時代に学んだことで役立っていることは
大学では理学療法士としての専門知識を学んでいましたのでこれが直接現場で役に立っています。
例えば、血圧の正常値の範囲や人工関節の方が脱臼しやすい肢位や禁忌。麻痺がある方の介助方法や疾患による症状の表れ方など。これらのお客様のリスクを避ける上でとても大切になり、自分を不要な事故やケガから守ることにもなります。
他にもあり、大学で学んだ中にに無駄なことは無いと思います。うる覚えだった知識も実際に現場で働いてみて理解できたり、改めて学ぶことがありあます。
就職後に感じたギャップはありますか
知識として疾患を知っていることと、実際に疾患を抱えているお客様と接してリハビリを行うことは全然違うということです。
もちろん知識を持っていることは必要になります。しかしお客様は合併症を患っている場合もありますし、性別や年齢、性格、今までの生活環境などさまざまです。
お客様お一人お一人に合ったリハビリプログラムを考えるのは大変なことです。
どんなときにやりがいや楽しさ、嬉しさを感じますか
お客様のために何をすべきか、何をしたら良いのかなどを考えているときです。
実際に自分が考えたリハビリを行って「痛みが取れた、軽くなった」「上手に歩けるようになった」などお客様から喜びや感謝の言葉を笑顔で告げられて、自分が行ったことは正しかったと感じたときに嬉しく思います。
全く同じ症状のお客様はいないため、リハビリプログラムを考えることは大変ですがとても楽しいことでもあります。
辛いと思う事はありますか。また辛いときはどうしていますか
リハビリの成果が見られない時やお客様と上手にコミュニケーションが取れない時に辛く感じます。
その時は先輩職員に相談したり、お客様とリハビリ以外でも触れ合う機会を作っています。お客様にただ質問して答えるのではなく、質問に対して一度調べてから自分の考えを伝える事を心掛けています。
また他職種の職員、特にお客様と接する機会が多い介護士職員にどのような会話をしたのか、どのような接し方をしているのかを聞きます。
仕事ではどんなことを行いますか
私が勤めているおおふじ五幸ホームにはデイケアと入所施設があります。
午前中はデイケア、午後は入所のお客様のリハビリを行います。お一人お一人に合わせた個別リハビリの他に集団リハビリがあります。集団リハビリは体操やボールを使った運動の他、歌やレクリエーションを交えながら行います。
また他職種の職員にお客様の歩行状態を説明したり、食事やトイレの動作などが上手にできない方のためにどうしたら良いのか一緒に考えたりもします。
仕事上で何か工夫されていることはありますか
お客様は高齢の方なので、バイタルの変動や転倒、人工関節の方には脱臼の危険が無いように細心の注意を払っています。他にも体を動かすときは痛みについて詳しく聞くことや、今どんなことをしたいのかなど常にお客様のニーズを把握して応えられるように日々のリハビリを行っています。
お客様は普段の生活もリハビリの一部です。リハビリフロアまでの移動もしっかり観察し、リハビリの前後で変化はないかということも確認しています。
職場でのコミュニケーションはどのようにとっていますか
お客様のことをより良くしようと、職員一人一人が目標にしているのでコミュニケーションをとることに不自由さを感じたことがありません。
質問があれば先輩社員も一緒になって考えてくれますし、同期とはお互いに切磋琢磨して楽しく仕事ができています。
研修について
知識も技術も不十分であるため、じっくりと学べる機会があることはとてもありがたく思います。
職場で先輩職員から教えていただいたり技術を盗むこともありますが、業務中では満足に行えません。研修で新しい技術や知識を得て引き出しを多く持つことは、お客様のニーズを満たすためにも必要です。
これからの目標
リハビリを通してお客様を笑顔にする理学療法士になりたいと思います。
私は入職して間もない頃に受けた新人研修で、「人の一生は最後に関わった人によって価値が変わる」ということを教わりました。この言葉は私の心に強く残り、お客様にとって良い人生だったと思ってただけるようにリハビリを行おうと思いました。
そのためには、お客様のニーズに応えられるように勉学に励みいろいろな知識と技術を身に着けていきます。
これから就職する方・同業界を目指す方へ
通常の業務以外に、臨床実習や国家試験など、覚えることが多くあり自己研鑽の毎日です。それでも、人に関わることが好きであったり人の役に立ちたいという気持ちがあれば大丈夫です。
働く環境は多様で、お客様もいろんな方がいらっしゃいます。しかしどんなことがあっても諦めずに続けていれば、感謝という揺るぎないやりがいを感じられます。
これから同業界を目指す方も、就職される方も「やりがい」というものを感じていただけたらなと思います。